大人ニキビ 化粧品 ランキング

大人ニキビのできる理由は?

大人ニキビはほんとうにやっかいですね
鏡を覗いたとき、一つでもニキビがあると外出するのも億劫にもなってしまい、ニキビを隠したくて上からメイクを重ねるとさらに悪化したこともよくあるでしょう。

 

妊娠や生理、更年期に伴うホルモンの変化から起きるもの、 また仕事のストレスや不規則な生活、睡眠不足などにより皮脂の分泌が増えることにもよります。もしひとりで悩んでいるのでしたら、今評判のニキビ化粧品をランキングでご紹介していますので、ご自分に合った化粧品を試してみてくださいね。

アクネ菌と皮脂について
アクネ菌はニキビの大敵としても有名ですが一度は耳にしたことがあるかもしれません。実はこのアクネ菌ですが、皮膚常在菌という私たちの体に存在している細菌の一種ということはあまり知られていない事実です。

 

その中でも皮脂が多く集まる箇所に存在し、毛穴から老廃物や皮脂がきちんと排泄されないままでいるとあっという間に増殖します。ニキビは皮脂腺が存在している箇所にはどこでもできる可能性があります。人体で最も皮脂腺が発達しているのが頭と顔ですが、言い換えればニキビがたくさんできてしまう場所でもあるということになります。

 

例えば首から下はきれいなのに、顔にだけたくさんのニキビができてしまう人がいるのはこのためです。頭部においては毛髪で隠れていてほとんど見えないということもあり、顔ほど神経質になっていない人も多いかもしれませんが、皮脂やシャンプー、ほこりなどが適切に排出されずに毛穴に蓄積されていけば、痛みのあるニキビができてしまう可能性もあります。

 

大人ニキビの原因とは
皮脂分泌が活発になる条件に、男女に関わらず男性ホルモンの一種であるテストステロンというホルモンの分泌が活発になることが挙げられますが、思春期以降にニキビが出続けている人は、血中における男性ホルモンの割合が多い可能性があるでしょう。

 

女性の場合は月経周期において、ホルモンバランスが大きく乱れる生理前後に卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが崩れるとニキビができやすくなる特徴があります。それ以外にも、ストレスや乱れた食生活、乾燥、洗顔不足や洗顔過剰で水分と油分が極端に傾くことなど、さまざまな要因によって毛穴に皮脂が詰まるため、ニキビの原因となってしまうのです。

 

大人ニキビを早く治す3つのポイント!

 


ニキビ治療では初期の段階で完治し跡が残らないように重症化を避けることが鉄則です。生活リズムや食生活の改善など、できるだけ自分で解決できることは取り組みましょう。

 

今できているニキビを悪化させず、治った後もまたすぐに新たなニキビができてしまうという負のサイクルを断ち切ることが肌質改善に繋がるでしょう。食生活の改善としては、まず添加物の使用が多いファストフードや外食、間食を減らして自炊すること、ビタミン類を多く摂取してください。

 

ビタミンの中でもビタミンCは抗炎症作用や過剰な皮脂分泌を抑制する働きがありますが、水溶性ですから上限を守って毎日一定の量を摂取することがポイントです。ちなみに、たばこはたった1本でレモン1個分約25mgを崩壊させてしまうため、肌のことを考えると避けておきたいことの一つです。

 

 
ニキビを綺麗に完治させる最も大切なポイントが触らず放置することです。気になってついつい触ってしまいますが、目には見えなくても手にはたくさんの雑菌が付着しており、切り傷と同じ状態の炎症部分に触れてしまうと、菌によって傷口が拡大する可能性があります。

 

また治りかけでかさぶたになっていても触れてしまうと急に悪化することもあるので、絶対に触らないようにしましょう。洗顔時入浴時にタオルで拭くときも、思わず力を入れてしまわないように注意が必要です。どうしても無意識で触ってしまうという場合は、肌に負担の少ないタイプの絆創膏を患部に貼っておくと良いでしょう。

 

 
就寝時など長時間肌に触れるリネン類はどのようなタイプを使用しているでしょうか。近頃は、肌ざわりの良いオーガニックコットンやガーゼで作られた物がたくさん販売されています。それらを試すのも良いですし、就寝時は日中と同じように汗や皮脂を分泌しているため、毎日シーツ類はできるだけ交換して清潔な物を使用することがお勧めです。